医療情報ネットの画像

現在の日本の医療はどうなっているか気になるところです。日本社会では高齢化が進んでいるため医療費割合も増加している傾向です。では、日本の医療状態はどのような感じなのかお伝えしていきます。

医療と紅茶とチェックについて

紅茶はとてもおいしいものであり、昔から、中国やヨーロッパでは貿易などの元になるくらい、またアヘン戦争を勃発させる問題となるくらいに、おいしいもの、多くの人が希望していたもの、欲しがっていたものでした。

紅茶は、上記のように、世界で昔から愛される飲み物であると同時に、人によっては、とてもリラックスが出来る飲み物として、多く、毎日愛用をしている方が大勢おられます。

ところで、この紅茶についてですが、実はカフェインが入っているため、上記のようにリラックス効果が期待できるという反面、医療の分野で、例えばうつ病や精神疾患、不眠症などを抱えている人の場合には、紅茶はあまり飲まない方がよとされています。

このため、医師の先生からは、紅茶などのカフェインが入っているものを、夜、眠る前に飲んでいないかどうか?をチェックされるケースがあります。

これはなぜか?というと、上記のように、先述したように、紅茶にはカフェインが入っているため、睡眠を妨げてしまう効果があるのです。
そのため、逆を言えば、仕事などで起きていなければならない人や、夜遅くまで残業をしている人にとっては、紅茶はとても助かるものであり、目覚め、目がしゃっきりとする飲み物であり、重宝がされますが、うつ病などで睡眠に苦しんでいる人、また睡眠がうまくできずに不眠症の人の場合には、医療として、睡眠薬が出された場合でも、そのような睡眠薬を飲んでいても、紅茶を寝る前などに飲んでしまうと、その睡眠薬の効果がしっかりと、発揮されずに、なかなか寝付けない、または全く眠れない…このような辛い症状が出てしまうことがあるのです。

そのため、精神科の先生としては、上記のようなチェックを行い、寝る前の飲み物について、アドバイスなどを行っています。